最新情報

◆2018年11月25日

インフルエンザ、首都圏で感染拡大
4都県で患者増、千葉は「まもなく流行期」

首都圏でインフルエンザの感染が拡大している。12日から18日までの1週間の患者報告によると、東京など4都県で定点医療機関当たりの患者報告数が前週と比べて増加。流行開始の目安を超える保健所管内が相次いでおり、千葉県は「まもなくインフルエンザの流行期に入る」との見解を示している。(CBnews)

和歌山「ホテル浦島」で集団食中毒

和歌山県は21日、那智勝浦町の大型宿泊施設「ホテル浦島」でバイキング式の夕食を食べた20~50代の男性28人が下痢や嘔吐(おうと)などの食中毒症状を訴えたと発表した。