最新情報

◆2018年12月27日

インフル集団感染 2人死亡 秋田県の病院で患者ら40人

秋田県の病院でインフルエンザの集団感染があり、入院していた80代の男女2人が感染し、死亡していたことがわかった。

(fnn)

 

島田の会社食堂で49人症状 ノロウイルス検出 /静岡

県は25日、島田市の医薬品製造会社の食堂で今月18日に飲食した18~66歳の従業員49人から、ノロウイルスが原因とみられる食中毒の症状が出たと発表(毎日新聞)

 

調理員らから黄色ブドウ球菌 函館 /北海道

函館市の市立亀田中と港中で18日に学校給食を食べた生徒・教員らが食中毒とみられる症状を訴えた問題で同市教委は25日、生徒5人と調理員3人から黄色ブドウ球菌を検出したと発表した。市立函館保健所は、給食が原因の集団食中毒の疑いがあるとみて詳細な検査を進める。(毎日新聞)

 

兵庫・南あわじ市の宿泊施設で71人食中毒

ほかに共通した店での飲食はなかったことなどから、同事務所は「けひの海」の調理場で提供された食事が原因の食中毒と断定。26日から3日間、営業停止処分 (産経新聞)