最新情報

◇2019年1月7日

札幌でノロ食中毒39人 カキ使った料理原因か 保健所「異例の事態」

札幌市内で、感染性胃腸炎とみられる食中毒の症状を訴える人が急増している。札幌市保健所によると、14~27日に123人が症状を訴え、うち39人をノロウイルスによる食中毒と断定した。症状を訴えている人たちはいずれもカキを使った料理を食べたと話しているという。保健所はこれほどの短期間での症例急増を「異例の事態」としており、食中毒警報を発令して注意を呼びかけている。

 市保健所によると、発症者は12日から23日までの間に、生カキや蒸しカキなどカキを使った料理を食べ、下痢や嘔吐(おうと)、発熱などの症状を訴えた。食べた場所は飲食店が24店に及び、家庭は2件だった。(北海道新聞)

 

岐聖大硬式野球部寮で食中毒 /岐阜

岐阜市は26日、岐阜聖徳学園大硬式野球部寮(同市今嶺3)の食堂で19日に朝食を食べた学生ら10人が、下痢や嘔吐(おうと)の症状を示した。(毎日新聞)

 

インフルエンザ報告数、前週から倍増

【熊本県感染症情報】インフルエンザ患者増 県内「注意報レベル」

飲食店や家庭で生ガキ「ノロ食中毒」届け出多数

インフルエンザ患者数、3倍に。12月23日までの1週間と前週を比較した結果

コミケ 運営が感染症に注意喚起

社員食堂でエビシューマイなど食べ、男女16人食中毒 ノロウイルス検出、東松山保健所が業者を処分

インフルエンザ患者増、6道県で注意報基準上回る 厚生労働省が発生状況を公表

愛知の飲食店で18人食中毒 ノロウイルス検出

インフルエンザ脳症で1歳児が死亡、患者は12例